ファンデーションは自前が一番!

 

私流ファンデーションのお勧めの使い方は、リキッドファンデーション、
もしくはクリームファンデーションを購入して、
ホワイトカラーのコントロールカラーやピンクのコントロールカラー等を
混ぜてその時に合った自分色を作る事です。

 

これは何故かというと通常化粧品ブランドで発売されている
カラー展開は多くても6種類程度なので、
たった6種類の中に自分の肌色とぴったり合う色は
まず出会えないと思うし季節によっても肌の色って変わってくるからです。

 

夏場は日焼けによって通常よりは顔色が濃いめですが、
寒くなってくるにつれて白くなるのが通常です。

 

そこで季節と自分の肌のコンディションに合わせた色作りが大切なのです。

 

これは肌色だけでなく使用する日焼け止めや
化粧下地の色味によっても変わってくるので、その都度調整が必要です。

 

ここで注意しなければいけないのがいくらリキッドファンデーションや
クリームファンデーションでも合せる物との相性が合わなければ、
成分が浮いてしまったり逆にくすんで見えたりする事です。

 

CCクリームだったらそうでもありませんが、
BBクリームだと成分が浮いてしまう場合があります。

 

だから混ぜる時には少量ずつ試してみて、
それで合ったら少し多めに自分色のファンデーションを作っていく事が大事です。

 

その時の肌のコンディションによって乾燥やべた付き感も変わってくるので、
しっかり肌チェックしながらファンデーションを
塗る前の基礎スキンケアや下地には慎重になって下さい。

 

そうしないと保湿が足りなくてシワの原因となってしまったり、
べたついてニキビが出来てしまうといった副作用が起こります。

 

ファンデーションをいかにきれいに仕上げるかで、その後のリップカラーやチークカラー、
アイシャドウのカラー映えが変わってくるので、
ファンデーション作りには念入りに勤める事が大切なのでした。