リキッドタイプの正しい使い方

 

まずは色選びです。なんとなくで選んでしまっては、
白浮きしてしまったり、顔だけ日焼けしてしまったように見えたりします。

 

せっかくお肌をきれいに見せるためのファンデーションなのに、
色選びで失敗してしまっては勿体ないです。

 

色選びは首の色と合わせるのが正しい方法です。
違和感のないものをきちんと選びましょう。

 

次に塗り方ですが、実は塗り方によって、
同じファンデーションなのに、大きな違いが表れてきます。

 

「塗り方」という言葉から間違っているのかも知れません。
リキッドファンデーションは、塗るのではなく、叩くのです。

 

決して摩擦してはいけないのです。
指で顔にファンデーションを乗せたら、後はスポンジ等で優しく叩き込んでいきます。

 

順番としては顔の中心部から外側へという流れです。

 

リキッドタイプのファンデーションは指や手で塗るものと思われているかもしれませんが、
指よりもスポンジや筆を使った方がムラがなくきれいに伸ばす事ができるのです。

 

そして、叩き込むことで、肌への刺激を最小限に抑え、
手間や時間はかかるかもしれませんが、毛穴がきれいに埋まり、
凹凸の少ないキレイな仕上がりとすることができるでしょう。

 

これまで、指で摩擦し、塗り込んでいたお肌を、
明日からはスポンジで優しく叩き込んであげてください。

 

同じファンデーションだは思えないほどの仕上がりに満足出来ることでしょう。