気になる部分のケア方法

 

私は瓶からワンプッシュ方式で出てくる,クリームファンデを使用しています。
旅行に出かけたときの写真写りが,パウダーファンデより良いように感じるのです。

 

50代ですから顔の陰影もあります。まずクリームファンデを顔全体に伸ばします。
私は目の下にクマがあるのでココがミソ。細かいしわが寄っていて,
パウダーを載せるとビビビッと割れてしまいます。

 

そこで松田聖子さんがかつて言ってらしたことを思い起こしたのです。
筆を使うこと。細い筆にクリームをつけ,目元下のクマに塗って行くのですね。

 

指でぬるより,しわとしわの細かい隙間まで入り込むイメージです。
クマのラインにそって塗ったら上方目の近くまで伸ばしていきます。

 

それをしないと,パウダーをつけたとき,クマの所だけ余分につき過ぎてなんだか変です。
クリームファンデならではのこの作業。なんだかパレットに絵具を塗ってるみたいですね。

 

なかなか集中しなければなりません。ただし,目じりのしわにはNGです。
化粧崩れしますから。くまなくカバーできたら,パウダーで仕上げるとできあがり。

 

でもこれはお出かけ用メイクの場合です。普段はBBクリームを顔にぱぱっと広げ,
やはり気になる目元だけ,クリームファンデを筆で塗り広げます。
気になる所はファンデでうまくカバーしたいですね。